10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

この記事では、WordPressのメニューについてご説明しています。

画面上部のメニューバーだけでなく、サイドバーやフッターなどでも複数パターンで好きなようにメニューを設置できるように学んでいきましょう。

メニューとは

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

WordPressのメニューとはWEBサイトのヘッダー下などでよく見かける、サイト内のメニュー項目などを横並びにしたものです。

この部分のメニューは正式には「グローバルナビゲーションメニュー」と呼ばれています。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

「グローバルナビ」だったり、「ナビゲーションメニュー」など略されることもありますが、この部分のことだということを覚えておきましょう。

しかし、WordPressのメニューという機能はこの部分にだけ設置できるものではありません。

自分の好みのメニューパターンを複数作っておき、配置したい場所に合わせてメニューの内容を変えるということができます。

今回は「グローバルナビゲーションメニュー」や「サイドバー」「フッター」など、複数のパターンで実際にメニューを作っていきますので、しっかりと身につけていきましょう

メニューの作り方

まずは、設置イメージを決めていきます。

現在WEBサイト上にはメニューが存在していません。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

最初にヘッダー下のグローバルナビゲーションメニューをこのように作成して、WEBサイト上に配置してみたいと思います。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

WordPress管理画面の左メニューから「外観」にマウスを乗せて「メニュー」をクリック。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、メニューを管理するための画面が表示されます。

この画面では自分の好みに合わせて複数のパターンでメニューを作ることができます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

初めて表示するなどまだメニューが一つも存在していない場合は、このように、新規メニュー作成画面が表示されます。

まずは、メニューに名前を付けましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

この名前はWEBサイト上に表示されるものではなく、複数のパターンを作った際にどのメニューなのかわかりやすくするための管理用の名前となります。

そのため、任意ですが、「ヘッダーメニュー」や「フッターメニュー」などどこに配置しているメニューなのか一目でわかるように付けると良いです。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

今回はメニュー名に「ヘッダーメニュー」と入力しました。

入力ができたら画面右下の「メニューを作成」をクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

次の画面では、作成したメニューにどんな項目を入れるかの設定をしていきます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

画面左側が、メニューの項目として入れられる要素です。

左側から選択した要素が、画面右側に並ぶようになっています。

メニューの要素として入れられる項目にはすでに作成してある「固定ページ」や「カテゴリ―」、「カスタムリンク」などが有ります。

また、特定のプラグインを使っていると、そのプラグイン専用のメニュー項目が表示される場合もあります。

「お問い合わせ」のページや「プライバシーポリシー」のページなどを、事前に固定ページで作成して、メニューに配置したり、特定のカテゴリー一覧ページへの誘導として、カテゴリーをメニューに置いたりして使います。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

お問い合わせの機能はWordPressに標準搭載されていないので、機能を追加したい場合は別の動画やWEBサイトの記事を参考にしてみてください。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

また、カスタムリンクでは、任意の文字列とURLを指定して、メニューにおける自由度の高いリンクボタンを設置することが可能です。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

それでは、実際にヘッダー用のメニューを作成していきます。

画面左から設置したい要素を選択しましょう。

固定ページと書かれている部分をクリックすると、中身を展開したり閉じたりすることができます。

中身も「最近」「すべて表示」「検索」とタブが並んでいるので入れたい要素が見つからない場合は切り替えてみましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

固定ページから「お問い合わせ」と「プライバシーポリシー」を追加してみます。

それぞれにチェックを入れたら、下にある「メニューに追加」ボタンをクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、画面右側にそれぞれが追加されたのがわかります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

この状態で画面右下の「メニューを保存」をクリックすると状態を保存することができます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

しかし、現段階では、メニュー構成のパターンを1つ作成しただけなので、このメニューはWEBサイト上の

どこにも表示されません。

実際にWEBサイトを見てみるとこのように、変化がないことがわかります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

改めてWordPressの管理画面に戻ります。

先ほど作成したメニューの画面下側に、複数のチェック項目が並んでいます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

この項目はテーマごとに違う場合がありますので、使い方などはそれぞれのテーマガイドをご覧ください。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

ここではWordPressテーマCocoonを参考にご説明していますが、基本的にはどのテーマでも根本的な操作や考え方は一緒です。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

チェック項目の中に、「ヘッダーメニュー」というものがあるのでここにチェックを付けて、改めてメニューを保存します。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

再びWEBサイトを表示して、ページを更新してみます。

すると、このように、画面上部のヘッダー下に作成したメニューが表示されるようになったのがわかると思います。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

改めてWordPress管理画面に戻ります。

並べたメニューの項目は、直感的な操作ができるようになっていて、項目を直接ドラッグすると、順番を入れ替えることも可能です。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

試しに、順番を入れ替えてメニューを保存し、WEBサイトの表示を見てみましょう。

すると、メニュー項目の順番が入れ替わりました。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

またWordPress管理画面に戻ります。

設置したメニューの項目は、階層構造を持つことも可能となっています。

先ほどはドラッグで順番を変更しましたが、今度は左右に少しずらしてみましょう。

背景の点線が少しずれるのがわかると思います。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

この、少し右にずれた状態でマウスを離すと、メニュー項目もずれて設置されます。

これは「お問い合わせ」が親「プライバシーポリシー」が子という親子の状態を作れたことになります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

改めてメニューを保存し、WEBサイト上の表示を見てみましょう。

すると、見た目上は親である「お問い合わせ」しか見えません。

しかし、マウスを乗せると、子に当たる「プライバシーポリシー」が表示されます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

実際にお問い合わせの中にプライバシーポリシーを入れることはないと思います。

この階層はカテゴリーで親子関係を作っている場合などに役立ちます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

それでは今度は、管理画面に戻ってカテゴリーを入れていきます。

先ほどずらして階層にした固定ページも改めてドラッグすれば元に戻すことができます。

画面左側から「カテゴリー」をクリックして中身を表示させます。

「すべて表示」に切り替えて中身をすべて表示します。

私のサイトでは、事前にカテゴリーに親子関係を持たせています。

親となる「WordPress」カテゴリーには「インストール」や「テーマ」、「プラグイン」などの子供となる「カテゴリー」が存在しているという状態です。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

メニューに入れたいものにチェックを入れて「メニューに追加」をクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、選択したものがすべて右側に追加されましたが、このままでは、階層の関係になっていないので、

メニューにすべて並んでしまいます。

先ほどのように、メニュー内でも親子関係を持たせるようにするには、ドラッグで子供に当たる要素をずらしていきましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

それでは、メニューを保存して、実際のWEBサイトを見てみます。

このように、親に当たるカテゴリーだけ見せておき、子供に当たるカテゴリーは必要に応じて表示するということができます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

それでは改めて管理画面に戻ります。

今度は、カスタムリンクを見ていきます。

カスタムリンクは、自由にURLを指定してリンクボタンを作成することできます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

今回はサイトのトップページに戻るためのボタンを設置してみます。

お使いのWordPressの環境によっては、固定ページに「ホーム」というものがあるので、そちらをメニューに含めることができますが、もしない場合は、このように「カスタムリンク」を利用してホームボタンを設置しましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

管理画面左上のご自身のサイト名がWEBサイトトップページのリンクとなっているので、右クリックしてリンクをコピーします。

カスタムリンクの「URL」に貼り付けて、「リンクの文字列」には「ホーム」などとつけておきましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

そして、「メニューに追加」をクリックして右側に追加します。

順番は好きなように入れ替えてください。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

変更を加えたら必ず「メニューを保存」で内容を保存します。

改めてWEBサイトを見てみると配置したとおりにメニューが表示されていることがわかります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

管理画面に戻り、もう少し詳しくメニュー項目の操作を見ていきます。

画面右側に配置したそれぞれの項目の三角形のマークをクリックします。

例えば「ホーム」でクリックすると、カスタムリンクの内容を編集することができます。

ここではURLや表示する名称を変更することが可能です。

固定ページではWEBサイト上で表示する名称のみ変更が可能です。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

また、この編集項目は状況に応じて追加や非表示にすることができます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

例えばカスタマイズで何かを調べている際に「自分のWordPress管理画面では特定の編集項目が表示されない」という場合はこの画面の上部にある「表示オプション」をクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、画面上部にチェック項目が複数表示されます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

要するにここにチェックが付いているものだけが画面上に現れるようになっているので、有るはずのものがない場合や不要なものがある場合は、ここのチェックで管理しましょう。

試しに下段のチェックをすべて入れた状態で「カスタムリンク」を見てみます。

すると、先ほどまで表示されていなかった項目が追加されています。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

現段階ですべての項目を知っておく必要はありません。

しかし、この操作で表示を増やせるということだけはしっかりと覚えておきましょう。

メニューパターンを複数作る

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

次にメニューのパターンを複数作成して、WEBサイトの場所ごとにメニュー構成を変える方法を見ていきましょう。

たとえば、先ほど作成したヘッダー下のメニューには、「ホーム」と「お問い合わせ」や「プライバシーポリシー」の固定ページ以外にも、「カテゴリー」を表示させていました。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

フッターでは、「ホーム」と「お問い合わせ」だけにしたい、という場合で見ていきましょう。

まずはメニューの管理画面上の方にある「新しいメニューを作成しましょう」というボタンをクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、最初に設定した時と同じ画面が表示されます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

ここに新たなメニューパターンを作っていきます。

「メニュー名」はフッターメニューとつけました。

画面右下の「メニューを作成」で新たなメニューを作成します。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

まだメニュー内の項目は空っぽなので、先ほどと同様にして項目を入れ込んでいきます。

先に、「カスタムリンク」を利用して「ホーム」をメニューに追加。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

次に、固定ページから「お問い合わせ」を追加。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

この状態を保存するために画面右下の「メニューを保存」をクリックします。

これで2つ目のメニューが作成されました。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

複数のメニューが画面上部の「編集するメニューを選択:」から選ぶことができます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

最初に作った「ヘッダーメニュー」を編集したい場合は、ここから選択して「選択」ボタンをクリックすると表示されます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

「フッターメニュー」に切り替えたい場合も同様です。

フッターメニューもただ作っただけなので、WEBサイト上ではどこにも表示されません。

そのためヘッダー同様画面下のチェック項目から、表示させる場所を指定します。

今回は「フッターメニュー」が選択できるので、ここにチェックして「メニューを保存」をクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

WEBサイトを見てみると、画面一番下のフッターにメニューが表示されました。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

改めて管理画面に戻りましょう。

複数のメニューを作成しましたが、どのメニューをWEBサイトのどこに配置するかという設定が一括で行えるので見てみましょう。

管理画面上部に「位置を管理」というタブがあるのでクリック。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

設置できる場所はテーマによって異なりますが、先ほどまでの設定から「ヘッダーメニュー」という場所には、最初に作った「ヘッダーメニュー」が。

「フッターメニュー」には2つ目に作った「フッターメニュー」がそれぞれ配置されています。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

ヘッダーでもフッターでも同じメニューにしたいなどの場合は、フッターのメニューも「ヘッダーメニュー」を

適用してしまえばいいということになります。

また、表示をしたくない場合は、選択肢から「メニューを選択」というものを設定しておけば、メニューが非表示となります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

先ほどのようにメニュー自体を管理したい場合は画面上部の「メニューを編集」タブに切り替えればまた同じように編集が可能となります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

ウィジェットでメニューを設置

メニュー管理画面の下にあるチェック項目から設置場所の指定をしてきましたが、場所の指定はここからだけではありません。

ここまで動画や記事を見てくださった方は、すでにウィジェットについて学習されていると思いますが、ウィジェットでもこのメニューの配置を指定することができます。

作成したメニューをサイドバーにも配置してみましょう。

それでは管理画面左メニュー「外観」にある「ウィジェット」をクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、ウィジェット管理画面が表示されます。

最新のウィジェット管理画面が表示されている方も基本的にやることは一緒ですので、同じ項目を探してみましょう。

ウィジェット自体の操作や説明は、別動画や別の記事をご覧ください。

ウィジェットの管理画面が表示されましたが、この画面もお使いのテーマによって、ウィジェットを配置できる場所が異なりますのでご注意ください。

画面左側が設置できる項目なので、ここから「ナビゲーションメニュー」を画面右のサイドバーに入れ込みます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

設置方法はドラッグでも、「ナビゲーションメニュー」の三角形マークをクリックして場所を指定でも大丈夫です。

右側の項目が多ければ多いほどドラッグは大変なのでその場合は選択肢から設置しましょう。

サイドバーに「ナビゲーションメニュー」が入り込んだら「タイトル」を任意で入力します。

ここではわかりやすく「メニュー」と入れます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

次に、メニュー画面で作成したどのパターンのメニューを設置するのか決めます。

例として「ヘッダーメニュー」を選択します。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

「表示設定」はCocoon特有なので一旦飛ばします。

右下の「保存」ボタンで内容を保存し、実際のWEBサイトを見てみましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、サイドバーにヘッダーと同じメニューが表示されました。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

先ほどのタイトル欄を空白にすると、「メニュー」というタイトルが非表示になります。

先ほどはメニューの機能内でフッターにメニューを表示させました。

しかし、このウィジェット画面にもフッターへの設置枠が用意されています。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

それでは先ほどのフッターメニューはそのままにして、こちらのウィジェットでもフッターにメニューを設置してみます。

わかりやすいように、フッター枠すべてに「フッターメニュー」を割り当ててみます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

実際にWEBサイトを見てみるとこのように表示されました。

メニュー時に設置したフッターメニューとは別に、それぞれのメニューが表示されているのがわかります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

このように、メニュー機能で設置する場合とウィジェットで設置する場合、さらにテーマごとに配置できる場所などが異なりますので、色々と試して納得いく場所を探してみましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

カスタマイザーからの操作

WordPressのカスタマイズは「カスタマイザー」と呼ばれるWEBサイトの状態を見ながら編集ができる専用の編集画面が存在します。

こちらからでも同じような操作ができるので、好きな方から設定を行ってください。

カスタマイザーを利用する場合は、WordPress管理画面左メニューにある「外観」項目内の「カスタマイズ」をクリックします。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

すると、画面右側がWEBサイト、左側が設定項目という状態でサイトの編集を行うことができます。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

お使いのテーマによって設定項目は大きく変わりますので、不明点などはお使いのテーマガイドをご覧ください。

先ほどのメニュー設定画面と同様に、ヘッダーメニューを作成してみます。

メニューの名称を決めて、中に配置する項目を決めて、どこに設置するか選択すればその通りに表示されます。

このように、WordPress管理画面では、同じ項目の編集でも各所でできる場合がありますが、基本的な構造さえ知っていれば慌てずに作業ができますので、基本を知っておきましょう。

ちなみにですが、カスタマイザーでは、画面左側に設定項目を表示する必要があり、その分サイトの横幅を狭く表示する必要があります。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

テーマによってはそのせいで正しい表示とならない場合がありますので、正しいサイトの状態は、しっかりとWEBサイトのページを見て確認しましょう。

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

まとめ

10.【メニュー】WordPressのメニュー作成と設置方法の説明

お疲れ様でした。

今回はWordPressのメニューについてご説明しました。

基本的な構造さえ知っていれば難しいことはありませんね。

複数パターンのメニューが作れるので、表示したい場所に合わせて作ってみると良いでしょう。

また、カスタマイザーは必要に応じて使用してください。

その際に正確なWEBサイトの表示状態を見たい場合は、カスタマイザーで見るのではなく、 しっかりとWEBサイトを表示して確認をしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA