【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

以前「【2021年最新】Wp Mail SMTPのクライアントIDとクライアントシークレットの取得」という記事を作成しましたが、クライアントIDとクライアントシークレットの入手手順が一部変更になったようなので、この記事ではその部分のみ最新の取得方法をご説明しています。

この記事について

WordPressでメールを送信する必要がある場合に、Gmailを利用したいが、受け取り側の迷惑メールに入ってしまうという方。

以下の記事を参考に「WP Mail SMTP」というプラグインを利用すれば、迷惑メールに入らないのですが、これを利用するためにはGoogleで「クライアントID」と「クライアントシークレット」という専用キー(パスワード)のようなものが必要です。

現在「クライアントID」と「クライアントシークレット」の入手手順が若干変更となっているようなので、画面が違うという場合などは、こちらの最新の入手方法をご確認ください。

動画で見る

「クライアントID」と「クライアントシークレット」 取得方法

セットアップ前の注意

それぞれの入手前に必ず「設定したいGoogleアカウント」以外はログアウトしておいてください。

「クライアントID」と「クライアントシークレット」 の入はまず以下のリンクからスタートします。

Google Cloud Platform

GoogleアカウントでWebアプリを作成する

設定したいGoogleアカウントにログインした状態で、上記のリンクをクリックしてGoogle Cloud Consoleを開きます。

初めて利用される場合は、同意画面が表示されるので、「同意」をクリックして先に進みます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次に、利用規約とお知らせメールを受け取るかの確認画面が表示されるので、「利用規約」にはチェックを入れて下さい。

お知らせメールは任意です。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「同意して続行」をクリックして先に進みます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次に、画面上部の「プロジェクトの選択」をクリック。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると「プロジェクトの選択」画面が表示されます。

右上の「新しいプロジェクト」をクリックしてプロジェクトを作成していきます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

プロジェクト作成画面が表示されるので、プロジェクト名にはわかりやすく「WP Mail SMTP」などと入れておきましょう。

こちらをコピーしてご利用下さい。 「WP Mail SMTP」

入力ができたら、下にある「作成」ボタンをクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

プロジェクトが作成されると次にような画面になります。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「クライアントID」と「クライアントシークレット」 はここから作成していくことになります。

プロジェクトとは?

プロジェクトはこれから作成する 「クライアントID」と「クライアントシークレット」 の入れ物のようなもの。

次に、画面左にあるサイドバーから「APIとサービス」にマウスを乗せて、さらに表示される「ライブラリ」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

APIライブラリ画面が表示されたら、上部の検索窓に「GmailAPI」と入力してエンターキーを押します。

こちらをコピペしてご利用ください。 「GmailAPI」

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると、関連するAPIが2件ヒットするので、「GmailAPI」の方をクリックして選択します。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると、GmailAPIの有効化画面が表示されるので「有効化」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

有効化されると次のような画面になるので、画面右上の「認証情報を作成」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

ここからは以前の方法と同じですが、一応このまま流れを説明します。

「使用するAPIを選択」部分をクリックして、「GmailAPI」を選択しましょう。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次に、「ユーザーデータ」にチェックを入れて、「次へ」ボタンをクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「OAuth同意画面」という手順に進むので、まず「アプリ名」を入力します。

アプリ名はわかりやすく「WP Mail SMTP」などで良いと思います。

こちらをコピーしてご利用ください。 「WP Mail SMTP」

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「ユーザーサポートメール」はご利用になるGmailアドレスを選択します。

クリックすると自動で選択できるようになっているので、選択しましょう。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「アプリのロゴ」は飛ばして構いません。

「デベロッパーの連絡先情報」にはメールアドレスを入力しますが、先ほどのメールアドレスを入力でOKです。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

メールアドレスが入力できたら「保存して次へ」ボタンで先に進みます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「スコープ」という手順に進みますが、「省略可」と書いてあるので飛ばします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

そのまま「保存して次へ」をクリックしましょう。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「アプリケーションの種類」というセレクトボックスがあるのでクリックして「ウェブアプリケーション」を選択します。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「名前」の部分はまた同じように「WP Mail SMTP」と入力でOKです。

こちらをコピーしてご利用ください。 「WP Mail SMTP」

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次の項目の「承認済みのJavaScript生成元」は飛ばしてください。

「承認済みのリダイレクトURI」は処理が必要なので「URIを追加」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

表示された入力欄には決められたURLを入力する必要があります。以下のURLをコピーして貼り付けてください。

https://connect.wpmailsmtp.com/google/

入力ができたら「作成」ボタンをクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次の画面では、「クライアントID」というものが表示されますが、まだここで表示されたものは利用しません。

「完了」をクリックして一旦作業を完了します。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると、「認証情報」という画面が表示されます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次に、画面左のサイドバーの「OAuth同意画面」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「OAuth同意画面」が表示されますが、「公開ステータス」の内容が「テスト」となっているのでその下の「アプリを公開」をクリックして、アプリを公開していきます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「本番環境にpushしますか?」という画面が表示されるので、「確認」をクリック。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

これで「公開ステータス」が「本番環境」になりました。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

次に、画面左のサイドバー内「認証情報」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「認証情報」のページに移動したら、画面中央の「OAuth 2.0 クライアントID」という項目の一番右端にある「OAuthクライアントを編集(鉛筆マーク)」をクリック。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると、表示された画面の右側に、今回必要な 「クライアントID」と「クライアントシークレット」 が表示されているので、それぞれコピーして、WordPressの「WP Mail SMTP」設定画面に貼り付けて、「Googleと連携」ボタンをクリックすると、利用可能になります。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

「Googleと連携」ボタンをクリックすると、Googleアカウントのログイン状態にもよりますが、アカウント選択画面が表示されるので、必要なアカウントを選択してください。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると、「このアプリはGoogleで確認されていません。」というページが表示されるので、画面左下の「詳細」をクリックします。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

さらに項目が表示されるので、「安全ではないに移動」をクリックします。

安全ではないについて

たった今作成したばかりの、自分だけのアプリの為、Googleが正規に作成したものではないということから「安全ではない」と表示されているので、全く問題はありません。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

プラグインである「WP Mail SMTP」がGoogleアカウントを利用するのを許可するか、という画面になるので「Continue」で許可していきます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

すると、「認証成功」の画面が表示されて設定が完了します。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

画面一番下に進むと、WordPressの管理画面へ戻るボタンがあるので、クリックして管理画面へ戻りましょう。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

管理画面では、上部に「メールテスト」のタブがあるので、切り替えてテストしていきます。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

どこにテストメールを送るかを決めて、テストメールを送ってみましょう。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

送信成功のメッセージが表示されたら、送ったメールアドレスの受信箱を確認して、迷惑メールに振り分けられていないかを見てみましょう。

【2022年最新】Gmail用クライアントID・クライアントシークレット入手手順

2 COMMENTS

いっせい

「GメールのクライアントIDはどこに」
という検索キーワードで
このサイトを知りました。

WP Mail SMTPを使った
Gメールの設定で悩んでいました。

この記事どおりに作業を進めた所
とても簡単に設定作業を終えることが出来ました。

画像付きの丁寧な解説をしていただき
ありがとうございます。

とても助かりました。

返信する
solabotschool

コメントありがとうございます。
しっかりと設定ができたようですね!

少しでもお役に立てたようでしたら何よりです。

YouTube動画での説明やご指導・代行なども行っておりますので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA