3-2.【ネームサーバー変更】初めてのWordPress 導入編 お名前.com

この記事では、お名前.comのレンタルサーバーでWordPressをインストールしたけど、「このドメインはお名前.comで取得されています」と出てしまう場合の対処法を説明しています。

迷子にならないように!

お名前.comではドメインだけの販売やワードプレス以外のプランの販売もある為、間違いのないよう、また、スムーズに目的の申し込みができるよう上記のリンクから進むことをおすすめします。

 

お名前.comネームサーバー変更1

YouTubeでの動画も合わせて見ていただくと、スムーズに操作できるようになっているので、ぜひご覧ください。

これまでの記事や動画で、お名前.comレンタルサーバーにWordPressをインストールする方法を説明しました。

思っていたよりも、かなり簡単だったと思います。

でも、一部の方は、同じ通りにやったのに、WordPressの管理画面が表示されないなんていう方もいたと思います。

取得したドメインのURLでサイトを見ようとしても「このドメインは、お名前.comで取得されています」という画面が出て、自分のサイトが表示されないなんてことも多々あります。

これは、最初からそうなる設定になってしまっていたからで、決してあなたが悪いわけではありません。

お名前.comネームサーバー変更2

ネームサーバーという設定を少し変更するだけで直るので、今回は、その直し方について説明していきたいと思います。

「このドメインは、お名前.comで取得されています」について

これまでの動画で、同じように操作をしてきた方は、お名前.com NAVIから進んで、コントロールパネルへログインするところまでは問題なくできたと思います。

しかし、最初から誤った設定になっていることもあって、肝心なその先のWordPress管理画面のログイン画面が表示されない場合があります。

また、本来なら設定したドメインのURLのページを開けば、最低限の形ではありますが、この段階でも、WEBサイトが表示されるようになっています。

お名前.comネームサーバー変更3

これも同じように「このドメインは、お名前.comで取得されています」と表示される場合は今回の方法で直すことができます。

お名前.comネームサーバー変更4

エラーページが表示される原因

ネームサーバーについて

このエラーについて直していくためにはネームサーバーというものを簡単にでも知っておく必要があります。

いきなり難しいこと言ってきたぞ!って思いますよね?

でも、少しずつ知っていけばいいのでご安心ください。

ネームサーバーとは、簡単に言うと「翻訳機」のようなものです。

お名前.comネームサーバー変更5

まず、正式に言うと、ネームサーバーというのは、DNSサーバーと呼ばれるもので、このDNSというのは、「ドメイン・ネーム・システム」の略です。

お名前.comネームサーバー変更6

細かく説明すると途方もない話になって難しいので、今回は簡単に説明します。

とにかく、ネームサーバーはドメインに関わることというのが何となくわかると思います。

要するに今回のエラーはドメインに関係するということがわかれば大丈夫です。

お名前.comネームサーバー変更7

WordPressを始めようと思ったときに、ドメインを取得しましたよね?

お名前.comネームサーバー変更8

そのドメインは丸々URLになります。

例えば、私が取得した「solabotschool.com」というドメインがあります。

複雑なことはせずに、素直にこのドメインを利用してWEBサイトを作ると、URLは「https://solabotschool.com」となります。

お名前.comネームサーバー変更9

これをインターネットの画面上部にあるアドレスバーに打ち込めば、作ったサイトが表示されます。

お名前.comネームサーバー変更10

でも、この「solabotschool.com」というドメイン部分は人間が扱う文字です。

実は、インターネットのページを表示するために稼働している機械達はこの文字を読めないんです。

お名前.comネームサーバー変更11

じゃあ何が読めるのかというと、数字です。

このままでは、お互いにやり取りができません。

そこで登場するのが翻訳を担当するネームサーバーです。

お名前.comネームサーバー変更12

インターネットを行う裏ではネームサーバーが間に立って文字と数字を置き換えてくれていたんです。

お名前.comネームサーバー変更13

もちろん、今回はネームサーバーについて知識を深めることが最終目的ではないので、簡単に説明しています。

厳密にいえばもっと複雑でやや表現が違うと思わることがあるかもしれませんが、エラーを回避するために知ってほしいだけなので、これで十分です。

お名前.comネームサーバー変更14

エラーページになる原因の詳細

ネームサーバーが翻訳機とわかったところで、じゃあ何が問題で例のページが表示されちゃうの?と疑問になりますよね?

この、ネームサーバーという翻訳機は、レンタルサーバー会社が複数所有していたりします。

お名前.comネームサーバー変更15

そして、契約者はどのネームサーバーを使うかを自由に選択することができます。

お名前.comネームサーバー変更16

その選択が正しくないから翻訳されずにページが表示されなかったというのが今回の問題の原因です。

お名前.comネームサーバー変更16

日本人とアメリカ人の間にロシア語とフランス語の通訳が入ってもやり取りができないですよね?

お名前.comネームサーバー変更17

そういう状態がおきてしまっているわけです。

お名前.comが所有しているネームサーバーも複数あって、Aというプランの方は、ネームサーバーAを使ってくださいねーと、決まりがあります。

お名前.comネームサーバー変更18

でも、なぜか最初からネームサーバーBに設定されていたというわけです。

お名前.comネームサーバー変更19

つまり、このネームサーバーをAに変えれば問題解決となります。

ネームサーバーの確認

設定すべきネームサーバーの確認

早速ネームサーバーを変更していきますが、その前に、どんなネームサーバーにする必要があるか、現在はどうなっているのかを確認していきましょう。

お名前.comネームサーバー変更19

まずは、どんなネームサーバーにするかですが、お名前.comの公式ページにも記載がありました。

お名前.comネームサーバー変更20

このように、RSプランで契約した方は、真ん中の「レンタルサーバーRSプランのネームサーバー」に記載のネームサーバーを利用すればいいということです。

設定すべきネームサーバーは「ns-rs1.gmoserver.jp」「ns-rs2.gmoserver.jp」の2つで、基本的にはこのように2つで1セットということが多いです。

お名前.comネームサーバー変更21

要するに、この設定画面までたどり着いてチェックを入れれば今回の問題は解決となります。

受信メールからネームサーバー確認

それでは、現在は一体どんなネームサーバーになっているのかというと、お名前.comでの契約を行った際に、たくさんのメールを受け取っていると思いますが、実はその中に現在設定されているネームサーバーが書いてあります。

受け取ったメールの中から「お名前.com ドメイン登録 完了通知」という件名のメールを開いてみましょう。

お名前.comネームサーバー変更22

そのメールを少しスクロールすると、[ネームサーバー情報]という項目があって、そこには設定されているネームサーバーが書かれています。

お名前.comネームサーバー変更23

私の方では、2行に分けて「dns1.onamae.com」「dns2.onamae.com」というふうに2つ書かれています。

最初からRSプランのネームサーバーにしておいてくれればいいものですが、なってないならしかたありませんので、実際に変更していきましょう。

ネームサーバーの変更

まずは、インターネットのブックマークなどからお名前.com NAVIへ移動してログインしましょう。

ドメイン契約更新画面が表示されても飛ばすことができるので、気にせず進みます。

画面上部のメニューバーから「ドメイン」をクリックします。

お名前.comネームサーバー変更24

ドメイン契約の更新が途中になっていますというメッセージが表示されたら「更新画面から移動する」をクリックして、次に進んでください。

お名前.comネームサーバー変更25

ドメインのページでは、所有しているドメインが一覧で表示されます。

お名前.comネームサーバー変更26

ネームサーバーを変更したいドメインの行にある、ネームサーバー項目の「初期設定」をクリックします。

お名前.comネームサーバー変更27

ページが切り替わると、ドメインの選択画面が表示されます。

お名前.comネームサーバー変更27

対象のドメインという部分にネームサーバーを変更したいドメインが書かれていることを確認します。

下にスクロールすると、対象のドメインが現在どのネームサーバーに設定されているか表示されています。

私の場合は、「お名前.comのネームサーバーを使う」という設定になっているので、さらに下にある「レンタルサーバーRSプランのネームサーバーを使う」にチェックを付けなおします。

お名前.comネームサーバー変更28

最後に画面右下の「確認」ボタンをクリックすると、ポップアップで、対象のドメインと選択したネームサーバーが表示されます。

お名前.comネームサーバー変更29

一番下の注意書きで、変更に24時間から72時間かかる場合があると書かれていますが、だいたい数時間もすれば変更されています。

ネームサーバー情報にガイドページにあった通り、「ns-rs1.gmoserver.jp」「ns-rs2.gmoserver.jp」が設定されていることを確認して、右下のOKボタンをクリックします。

お名前.comネームサーバー変更30

すると、完了しましたという表示が出ます。

ネームサーバーの変更が完了すると、お名前.comからメールが届きます。

内容を確認すると、[ネームサーバー情報]に変更後のネームサーバーが記載されているのがわかります。

お名前.comネームサーバー変更31

ネームサーバー変更後の表示確認

ネームサーバーの設定変更が完了したら、数時間でWEBページが正しく表示されるようになります。

お名前.comネームサーバー変更32

レンタルサーバーのコントロールパネルから、WEBサイトとWordPressの管理画面へ移動することができるので、それぞれ正しく表示されるかを確認してみましょう。

お名前.comネームサーバー変更33

お名前.com NAVIの画面上部にあるメニューバーから「レンタルサーバー」をクリックします。

お名前.comネームサーバー変更34

次にコントロールパネル項目にある「ログイン」をクリック。

お名前.comネームサーバー変更35

すると、レンタルサーバーに関する項目が並んでいるので、そこから「WordPress」をクリックします。

お名前.comネームサーバー変更36

次の画面では、少し下にスクロールすると、WordPress一覧という項目が並んでいるので、URLをクリックすると作成したWordPressサイトが表示されます。

お名前.comネームサーバー変更37

まだ何も作っていなくても、WordPressをインストールした段階で最低限は出来上がっているので、サイトは表示されます。

お名前.comネームサーバー変更38

コントロールパネルに戻り今度はWordPressの管理画面を表示してみましょう。

先ほどと同じようにしてWordPress一覧の管理画面項目にある「ログイン」ボタンをクリックします。

2022/9/7更新

現在はWordPressの最新テーマ「Twenty Twenty-Two」が適用されるので、下のような黒いテーマが表示されるように変わっています。

3-2.【ネームサーバー変更】初めてのWordPress 導入編 お名前.com
お名前.comネームサーバー変更39

このように、WordPress管理画面のログイン画面が表示されたら成功です。

お名前.comネームサーバー変更40

この後は、WordPressをインストールした時に設定したユーザー名もしくはメールアドレスとパスワードで、管理画面にログインして編集などを行うことができます。

別の記事や動画では、WordPressの初期設定や基本的な操作について学習していきますので、ぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA